ボート:ニュースボート

2020.6.19 22:00

桐生『イースタンヤング』は木下翔太が連覇達成

イースタンヤング連覇を果たした木下翔太

イースタンヤング連覇を果たした木下翔太【拡大】

 ボートレース桐生の『GIII第7回イースタンヤング』は19日、第12Rで優勝戦が行われ、木下翔太(29)=大阪=がインから押し切って快勝。当地2度目&通算15度目のVを大会初の連覇で飾った。2着は丸野一樹で、3着は吉田裕平。3号艇の永井彪也はフライングに散った。

     ◇

 貫禄の勝利だ。大外枠の丸野がピット離れで飛び出し、進入は123/645となったが、絶好枠の木下はコンマ02の快ショット。先マイ一気に押し切った。ヤングのラストイヤーをVで締め、「素直にうれしい」と笑みを浮かべた。

 この勝利で、GIびわこヤングダービー(9月17~22日)の出場権を獲得。一昨年の浜名湖、17年の蒲郡大会は優出したが、タイトルには手が届かなかった。

 「びわこは好き。SGが一番の目標だけど、上の舞台でも結果を出していきたい」。次節のSG宮島グランドチャンピオン(23~28日)にも弾みがついた。

 「(同世代の篠崎)仁志さんが(先月の住之江オールスターを)取って刺激にもなったし、SGもしっかり集中していきたい」

 木下は待望の記念タイトル獲得を目指し、グラチャンでも攻めの姿勢を貫く。