ボート:ニュースボート

2020.3.20 04:58

【水上の女神~レーサーの素顔(199)】中村かなえ

中村かなえ

中村かなえ【拡大】

 昨年9月から今年2月までの半年間の平均スタートタイミング(ST)はコンマ12。女子の中でかなり早いスタートを決めている中村は「自信を持っていけているとは思うし、武器にしたいなとは思っていますね」と鋭い踏み込みを意識している。

 「スタート練習で起こした位置、起こしたタイミングなどをメモして本番のスタートを計算しています。あとはスタート展示と本番で同じ位置から起こすように心がけています」

 お茶の水女子大学の理学部を卒業した“リケジョ”だけに大時計と呼吸を合わせるのは得意なようだが、明確な課題もある。

 「インの進入が苦手で。展示と本番でなかなか同じ位置で起こせないので…」

 昨年9月から今年2月までのインの平均STはコンマ15。タイミングとしては遅くないが、質のいいスタートがいけていないようだ。それでも、枠なりに入り始めたのが昨年5月。イン戦の経験値が上がってくれば、徐々に踏み込めるようになるだろう。

 「まだ道中で抜かれてはいるけど、以前に比べればレースに参加できるようになったと思います。今年こそは予選を突破して、優出できるように頑張りたい」

 まだまだ粗さはあるものの、スタートに関してはキラリと光るものがある。ジワジワと進境を示している中村の今後の飛躍に期待が高まる。         (立山友基)

 =次回は4月3日に掲載

 中村 かなえ(なかむら・かなえ)1993(平成5)年9月4日生まれ、26歳。東京都出身。2017年9月に第121期生として選手登録。特技は平泳ぎ、テニス。趣味は海外旅行、スノーボード。好きな食べ物はきゅうり、ラーメン、辛いもの。次走は25日開幕のとこなめヴィーナスシリーズに出場予定。161センチ、47キロ、血液型A。