ボート:ニュースボート

2020.2.7 04:57

【水上の女神~レーサーの素顔(196)】米井里実

米井里実

米井里実【拡大】

 2018年9月に長女を出産した米井は、昨年7月の下関からレースに復帰。「レース場に入ったら家のことは考えないようにしています」と目の前の一走に集中しているが、「その節が終わった瞬間に会いたくなりますね」と母親らしい柔和な表情を見せる。

 「会えない時間が多くて寂しい思いをさせているぶん、以前よりもしっかりと仕事をして帰ろうと思うようになりました」

 子供を守る母親としての責任感が、仕事にもプラスに働いている。

 母親になってレースで一番変わったところを聞くと「体重が全然違いますね」と返ってきた。

 産休前よりも体重が落ちたことで「復帰してからのほとんどが、エンジンは出ているほうに入っているはず」と話すように、明らかに足の仕上がりが良くなっている。「軽くなってエンジンが大事なんだなと実感しました」と“軽量の利”を肌で感じたようだ。

 足の仕上がりが良くなったことで「以前よりも余裕ができて、落ち着いて展開を見られるようになった気がします」と冷静に走れるようになった。実際に復帰してからは5勝をマークと結果もついてきている。

 昨年12月の多摩川、そして1月の江戸川と2節連続でフライング。F2の身でスタートは無理はできない状況だが、近況の足の仕上がりなら舟券に絡んでも不思議ではない。現在出場中のからつを含めて、今後注目したい存在だ。(立山友基)

 =次回は21日に掲載

 ■米井 里実(よねい・さとみ)1991(平成3)年10月25日生まれ、28歳。東京都出身。2013年3月に第112期生として選手登録。趣味は買い物。好きな食べ物はチョコレート、アイスクリーム。現在はからつ一般戦に出場中。157センチ、47キロ。血液型A。