ボート:ニュースボート

2019.11.15 04:55

【水上の女神~レーサーの素顔(191)】川野芽唯

川野芽唯

川野芽唯【拡大】

 出場中の三国ヴィーナスシリーズでは準優で4着に敗れて、6強入りを逃した川野。しかし10月の芦屋と桐生、前節の戸田と3場所連続で優出を果たすなど、近況は好調だ。

 「リズムはいいですね。ボートの操縦とペラの調子、どちらもうまくできているかな。ようやくしっくりしてきた感じです」

 女子トップクラスの旋回力を武器に、2015年12月の福岡クイーンズクライマックスでGI初V。高い実力の持ち主だが、今年は2月の芦屋の優勝戦でフライング、3月の福岡では痛恨の2本目を切り、罰則として同月末から90日間の休みを余儀なくされた。

 それでも「休みが明けてから、いろいろとうまくリセットできた気がします」と話すように、精神面だけでなく、技術面でも切り替えができて、それが近況の好リズムにつながっているようだ。

 加えて、成長著しい大山千広(23)の存在も大きいようで、「千広が頑張っていますからね。私も一緒に頑張って、刺激を与えられるようになりたい」と同支部の後輩とともに、さらに腕を磨く構えだ。

 「福岡支部の選手全体で上に上がっていきたいし、私ももっとうまくなりたい。まだまだ成長できると思っていますから」

 男女ともに層の厚い福岡支部を盛り上げつつ、今後の大きな飛躍を目指して努力を続けていく。
(立山友基)

=次回は12月6日に掲載

川野 芽唯(かわの・めい)1986(昭和61)年3月25日生まれ、33歳。福岡県出身。2007年3月に第100期生として選手登録。趣味は買い物、旅行。好きな食べ物は果物、パスタ、ラーメン。現在は三国ヴィーナスシリーズに出場中。163センチ、47キロ。血液型AB。