ボート:ニュースボート

2019.8.3 11:00

【レディースC】蒲郡のエンジン相場

 蒲郡のエンジンは今年5月から使用。各機が4~7節使われて、素性が徐々に明らかになってきた。

 2連対率が50%以上あるのは17号機と69号機。17号機は評判の高い快パワー機で、初下ろしのシリーズで石野貴之が上々の足に仕上げて優勝。6月のマスターズリーグでも亀本勇樹が優出5着と活躍しており、エンジンの素性の良さが成績に表れている。

 反対に69号機は5月のGIIIで丸岡正典、6月のマスターズLでは西島義則が手にしたが、ともに優出を逃している。こちらは高勝率でも過信は禁物だ。

 17号機に負けないほどの底力を秘めているのが4位の30号機。6月のマスターズLでは高橋二朗が力強い動きで優出(6着)を果たすと、7月上旬の広中智紗衣が優出4着、同中旬の木田峰由季が優勝と3節連続で優出している。レディースチャンピオンで17号機と30号機を引いた選手は、節間を通して狙ってみたい。

 7位の64号機は6月のマスターズLで江口晃生が優出2着、前節の前田将太が優出6着。8位の74号機もマスターズLで熊谷直樹が優出3着、7月中旬の前田聖文が優出6着と結果を残している。ともに近況の動きは良く、機力は上位クラスだろう。(立山友基)

 =次回は蒲郡の水面巧者

      ●エンジン2連対率ベスト10●
 順位  機番 2連対率  最高タイム 1着 2着 優出 優勝
 (1)17号 55.5 1分46秒5 19 11  2  1
 (2)69号 55.3 1分47秒4 15 16  0  0
 (3)27号 48.4 1分48秒4 17 15  2  1
 (4)30号 48.1 1分47秒7 15 11  3  1
 (5)63号 45.7 1分47秒2 15 17  2  0
 (6)53号 45.4 1分46秒6 10 15  1  1
 (7)64号 45.1 1分48秒5 15 13  3  0
 (8)11号 44.2 1分48秒2 12 11  2  0
 (8)74号 44.2 1分48秒3  6 17  2  0
(10)38号 42.5 1分48秒6  8 12  1  0
※今年の5月3日から使用。データは7月23日まで