ボート:ニュースボート

2019.6.14 21:32

【太閤賞】桐生順平が9度目のGI制覇

通算9度目のGI制覇を飾った桐生順平

通算9度目のGI制覇を飾った桐生順平【拡大】

 ボートレース住之江の開設63周年記念GI『太閤賞』は14日、第12Rで優勝戦が行われ、1号艇の桐生順平(32)=埼玉、=がインから逃げ切り完勝。2月の関東地区選手権に続き今年2度目、通算9度目のGI制覇を飾り、賞金1000万円を獲得した。2着は田村隆信、3着には湯川浩司が入った。

        ◇

 一昨年のグランプリ覇者が思い出の地で再びタイトルをつかみ取った。初日の千成賞(ドリーム)を制して王道路線を突き進んできた桐生が、最後まで主役の座を譲らず頂点を極めた。

 「エンジンも良かったけど、何よりボートが良かった。優勝戦は自分次第だと思っていたし、完璧なスタートが行けた」

 6号艇の野添が仕掛け遅れたが、他の5人はほぼ横一線。強力な伸びを誇った湯川が3コースから僅かに伸びてきたが、インからスピード満点の旋回で後続を突き放し、先頭でVゴールを駆け抜けた。

 この後もSG、GIロードが待っている。「もっと強くなって、年末に住之江に帰ってこられるように頑張ります」。自地区の次節・多摩川グラチャンはもちろん、今年の下半期は関東の新エースが引っ張っていく。(渡辺宏幸)