ボート:ニュースボート

2019.6.13 18:34

団体戦はレディースが初V 13日びわこ

団体戦Vの遠藤エミ(中央)はBOATRACE振興会の香川洋一常務理事(右から3人目)から優勝旗を手渡された=びわこボートレース場(撮影・倉橋智宏)

団体戦Vの遠藤エミ(中央)はBOATRACE振興会の香川洋一常務理事(右から3人目)から優勝旗を手渡された=びわこボートレース場(撮影・倉橋智宏)【拡大】

 びわこボートの『ボートレースレディースぶいVSルーキーズバトル』は13日、第12Rで優勝戦が行われ、吉川貴仁(25)=三重=が3コースから差してV。団体戦はレディースが39対29で勝利した。次回は津で来年2月4日から9日まで開催される。

 最後までもつれたポイント争いは優勝戦を制したレディースが逆転し、3大会目で初戴冠を成し遂げた。レディース団長の遠藤エミは「私は(予選落ちで)何もできなかったけど、みんなが頑張って、応援した結果が出ました」と語った。

 一方、優勝戦は3コースのカドに引いた吉川が冷静にブイ際を突き、2度目の優出でデビュー初Vを飾った。「足はすごく良かったし、優勝戦も落ち着いていけた。チームで勝てなかったのは残念だけど、今回は貴重ないい経験ができましたね」。27日から開催されるイースタンヤング(GIII)でびわこに再登場する予定。大きな自信を胸にさらなる飛躍を遂げる。