多摩川「サンケイスポーツ賞」は長尾章平がV!

2019.5.15 18:59

 ボートレース多摩川の『第56回サンケイスポーツ賞』は15日、第12Rで優勝戦が行われ、長尾章平(34)=山口=が2コースから差して快勝。当地初&2016年6月の江戸川以来となる通算12度目の優勝を飾った。2着に大賀広幸、3着には関浩哉が入り、1番人気の岡崎恭裕は4着に敗れた。

 エンジンが使い納めのシリーズでも、好素性機『65号』が強パワーを発揮した。2コースの長尾は「ターンが飛んでいくのが見えた」イン岡崎を冷静に差したものの、3コースの大賀がまくり差しで肉薄。それでも「大賀さんに食われたと思ったけど、そこから余裕があった」とバックで伸び返して2マークで振り切った。

 「ここに来る前に、長田(頼宗)に調整の情報を聞いてきたのも大きかった」と同期の心強いサポートも力になったようで、2年11カ月ぶりの優勝には「このまま優勝できないと思っていたからよかったです」と笑顔を見せた。

 「最近はA1級とA2級の行ったり来たりなので、しっかり勝率を稼いでA1級を維持していきたい」

 今年初Vを飾って勢いに乗った長尾の、今後の走りに要注目だ。(立山友基)

閉じる