ボート:ニュースボート

2019.2.12 04:56

【12日鳴門1R】上田隆章が奮戦

 《大時計》限界まで攻めた2人が明暗を分けた。昨7Rは(2)、(3)コースの上田と横川がそろってコンマ00のオンラインスタート。内の上田が激戦を制したが、横川は2マークで大流れして消波装置を乗り越えて失格(途中帰郷)。勝った上田は「(Fを切らずに)ホッとしましたよ」と笑顔。「チルトをマイナスに下げた方が足はよかった」。起死回生の勝ち星を起爆剤として、3日目1Rも奮戦する。