ボート:ニュースボート

2018.10.28 04:53

【28日多摩川3R】2日目の“裏予想”

《これからボートの話をしよう。》

 『GIIIオールレディース・リップルカップ』2日目(6日間開催、準優3レース制)

 初日は連勝こそいなかったが広中智紗衣、清水沙樹の地元東京勢2人と川野芽唯が2連対発進。メインの12R『リップルドリーム』は、ファン投票1位の1号艇・中村桃佳がしっかり逃げを決め、期待に応えている。

         ◇

 2日目の“裏予想”は3Rの寺島美里。初日3Rでは3コースから果敢にまくり、結果塩崎に差されたとはいえ2着に食い込み、3連単万舟券の立役者となった。

 「前検からターン回りが良くて、アシはバランスがとれている。グリップ感もあるので、これを維持したいですね」と手応えは十分。イン戦は未知数でも、スタートを行って初戦のようなターンができれば、あっさり逃げ切ってもおかしくない。3連単は(1)-(3)(4)(5)-(2)(3)(4)(5)で。

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。