ボート:ニュースボート

2018.10.19 04:42

【水上の女神~レーサーの素顔(165)】大橋由珠

大橋由珠

大橋由珠【拡大】

 今年1月に大村で行われた「夢の初優勝/男女W優勝戦」でデビュー初優出(2着)を果たした大橋。道中では先頭を走る津田裕絵に迫る勢いを見せ、地力アップをアピールした。

 しかし、その後は思うような結果が出せず、苦しんでいるようだ。

 「最近はあまりよくないですね。B2級でレースの間隔が空いてしまうので、レース勘が戻るまでに時間がかかってしまって…」

 B2級のあっせんは基本的に月1回。実戦を数多くこなさないと、経験値はなかなか上がらない。さらに、9月の桐生でフライング。リズムに乗れていないものの、成長へのヒントはつかんでいる。

 「以前から内寄りのスタートが課題だったのですが、桐生で同期の(豊田)健士郎にアドバイスをもらったら、何となく見え方が分かった気がします」

 ダッシュからの鋭いスタートには定評があっただけに、スローでのレース運びに安定感が出れば、勝率は上がっていくはずだ。

 1月の初優出を振り返り「雰囲気が普段と全然違いましたね。レースも楽しかったし、早くもう一回走りたいです」と2度目の優出、そして念願の初Vにも意欲を見せている。

 「フライング持ちでも、できるかぎり、いいスタートを決めたいと思っています」

 スタートに磨きをかける大橋の果敢な攻めにぜひ注目してほしい。

(立山友基)

 大橋 由珠(おおはし・ゆず)1995(平成7)年3月9日生まれ、23歳。茨城県出身。2014年9月に第115期生として選手登録。好きな食べ物は和菓子、焼き鳥。27日開幕の多摩川オールレディースに出場予定。1メートル59、49キロ。血液型O。