ボート:ニュースボート

2018.10.12 04:50

【ニューヒーロー列伝】前田篤哉

前田篤哉

前田篤哉【拡大】

 デビュー1年5カ月目の今年9月に蒲郡で初優出(4着)を果たした前田。デビュー4期目の今期、ここまでの勝率は5点を上回っている。

 今月残るは現在出場中の芦屋と地元常滑の2節。「今はA2級が見えるか見えないか。意識すると空回りするので、いつも通りにやって、上がれるか上がれないかだと思っています」と初のA級昇格をかけての勝負駆けにも自然体を強調する。

 中学ではテニス、高校ではバドミントン部に所属していたが、「全然。地区大会どまり」。レーサーを志したのは、同級生の存在が大きかった。

 「高校が一緒だった吉田裕平が少し前に選手になって、身近にこういう人がいるんだ、自分もやろうかなと思った」

 今やその吉田裕とともに、常滑のフレッシュルーキーに選出されているのだから人生は分からない。

 レースに関しては「無事故しか考えていない」と前田。今のところF・Lともにゼロだ。「小声で『無事故!!』と自分に言い聞かせてからボートに乗る」のをルーチンに、数多くのレースをこなしてスキルを磨いている。

 「自分の力で稼げるのがボートレーサーの魅力」

 そんな兄の背中を追うように、来月には123期の在校勝率ナンバーワンだった弟の滉(ひかる、18)がデビューする。

 「あまり気にしていないけど、負けないようにはしたい。次の目標は優勝すること。準優に乗るのはノルマだと思っています」

 ボート界の未来を担う兄弟。まずは頼れる兄貴が出世街道をばく進する。

(高山直樹)

 前田 篤哉(まえだ・あつや)1996(平成8)年11月29日生まれ、21歳。愛知県出身。2017年3月に第120期生として選手登録。芦屋一般戦に出場中。1メートル74、51キロ。血液型O。