ボート:ニュースボート

2018.10.6 09:40

【戸田GI特集】シリーズ展望

 3月の61周年記念で当地GI初優勝を飾った中田竜太が、大会連覇&埼玉支部勢の大会3連続Vに照準を合わせてくる。

 近況のリズムこそ今ひとつだが、走り慣れた地元水面なら実力は十分に発揮できるはずだ。磨いてきた快速ターンを駆使し、シリーズの主導権を握る。

 地元からは他にも平石和男、中沢和志、黒井達矢、秋元哲らが参戦。水面を熟知しているアドバンテージを生かして、優勝争いに絡んできそうだ。

 今年は序盤から調子を崩すことなく活躍を続けている峰竜太と白井英治も、優勝候補の一角を占める。特に峰は9月の多摩川64周年記念でV。年末が近づくにつれて勢いがさらに増しており、今節も豪快な全速戦で水面を席巻する。

 当地SGで優勝実績のある今村豊、今垣光太郎、山崎智也も争覇圏内だ。