ボート:ニュースボート

2018.10.6 09:38

【戸田GI特集】エンジン相場

 今年6月から使用開始。まだ機歴は浅いが、エース機候補として注目されているのが2連対率1位の『11号』だ。

 お盆開催で手にした中田竜太が、万全のアシに仕上げ、9戦オール連対で優勝。2節前の宇佐見淳は優出を逃したものの、7戦4勝と好成績を挙げており、トップ級のパワーを誇っている。

 2連対率7位の『38号』は、お盆開催で鈴木博が好気配を披露。2節前の庄司樹良々は節イチ級の伸びで優勝を飾った。シリーズを通して注目したい上昇機だ。