ボート:ニュースボート

2018.10.6 09:34

【戸田GI特集】注目選手(1)須藤博倫

 ベテランから若手まで、層の厚い埼玉支部をまとめているのが、支部長の須藤博倫だ。支部に関わる仕事をこなしつつ、水上でもしっかりと結果を出している。

 今年はここまで5Vと好調をキープ。「リズムはそれなりにいいですかね。内容は別にして、5回優勝できているし、最近5年の中では、いいほうだと思いますよ」と流れの良さを実感している。

 それだけに地元GIでの活躍に注目が集まるが、「今年はいい意味で力を抜いていこうかと思っています」と自然体で臨むことを意識している。

 「地元GIとなれば、意識しなくても気合が入ってしまう。せっかく今がいいリズムなので、自分で変なプレッシャーを抱えるよりも、今やっていることをしっかりやれば、結果はついてくると思っています」

 2015年2月の関東地区選手権で優勝した経験があり、翌年3月の59周年記念の優勝戦はフライング。当地GIは、いろいろな経験をしてきただけに、安定した精神状態で戦うことの大切さは、誰よりも分かっているようだ。

 優勝すれば優先出場権を獲得できる来年3月の当地クラシックについても「焦ることなく、今後のレースをしっかりとこなしていきたいですね」とマイペースを貫く構え。

 持ち味の機敏なハンドルを駆使し、初の当地開設記念制覇を目指す。