ボート:ニュースボート

2018.10.3 04:59

【3日鳴門2、10R】湯川浩司が一気に盛り返す

 絶対に巻き返す。エース21号機を引き、初日を2着2本で滑り出した湯川だが、昨7Rは(4)カドからまさかの6着大敗。「回転が上がり過ぎていて、乗れなかった」と悔しそうに振り返った。ただ「スタートしてから出ていったし、足はいいと思う。もう1回ペラをやり直します」とパワーは十分に感じ取る。3日目は2、10R。“浪速の快速王子”が、本領の攻撃力を発揮し一気に盛り返す。