ボート:ニュースボート

2018.9.30 10:44

【鳴門GI・大渦大賞】勢い十分!興津藍が初タイトルへ

 勢いそのままに地元GIタイトル奪取を狙う。興津は平和島64周年(〔4〕着)、多摩川64周年(〔6〕着)、びわこ66周年(〔6〕着)とGI3連続優出中。

 「周りから言われるほど、自覚はないんですけど、まあ前操者のいい部分を残しながらエンジンは引き出せているのかな、とは思いますね」

 もちろん調整面の成功も快進撃の要因のひとつだが、一方で勝負度胸のよさも目立つ。先のGI3節では準優はいずれもゼロ台のスタート。コンマ01のドッキリSだったびわこでは、「行き過ぎやね」と苦笑いを浮かべたが、表情には充実感があった。

 普段は枠なり基本の自在派だが、鳴門開催のオーシャンC出場がかかっていた一昨年4月の三国63周年では前ヅケに動き周囲を驚かせた。結果は報われなかったが、地元への熱い思いを示した。

 「いつも行かないのにどうかなって思いもあるんですけど、そこは地元。仕上がりや流れを考えながら、強い気持ちを持って考えたいですね」

 2010年の四国地区選で地元GIVは果たしているが、周年では優出歴もない。それだけに「最低でも優勝戦に乗らないと話にならないですね。僕らの世代では田村、市橋ぐらいで、他の支部に比べて人が少ない。田村が引っ張っていくと思うけど、自分も負けない気持ちで行きたい」と闘志を前面に勝負する。波に乗っている今回こそ、初の周年タイトルを地元で決めるビッグチャンスだ。

◎興津藍のデータ…興津の当地(6)コースの1着率は14・2%となかなかの好成績。また3連率は全コースで50・0%以上をマークしておりで、(6)コースでは64・2%!! まさに“3連単では押さえたい”ところだ。