ボート:ニュースボート

2018.9.30 10:44

【鳴門GI・大渦大賞】林のお勧め!注目のエンジン

 鳴門の現エンジンは4月15日の初おろしから10節前後使用されている。直前からモーニングに変わり、今月初めに開催予定だったヴィーナスシリーズは台風で中止。回転の上がり方などは多少なりとも変わりそうだが、お盆シリーズ(8月12日開幕)を走った林が“お勧め”を教えてくれた。

 「いまは山田(祐也)が(白星を)並べた21号機がぶっちぎり。以前はなかった数字も上がってきたけど夏場になって急激によくなっている」と自らも引きたい上昇エンジンを猛プッシュ。

 そして、もうひとつ挙げたのが33号機。こちらは10節の使用で優出は2回しかない(Vもなし)が、No.1複勝率49・4%を誇る実戦タイプ。「あの烏野(賢太)さんがいいエンジンというくらいだから悪いはずはないですよ」。

 林が勧めるこの2機を引いた選手を追いかけるのも、舟券ゲットの近道かもしれない。