ボート:ニュースボート

2018.9.29 04:49

【29日尼崎12R】本紙の見解

 絶好枠の地元・芝田を信頼する。手にした7号機は複勝率44・8%で選抜戦組では最も実績がある。下降線の時期もあったが前回の前沢丈史が優出〔4〕着するなど復調傾向で、前検の動きも悪くなかった。課題に挙げる足のバランスを整え貫禄のイン速攻を繰り出す。

 前回8月戦は途中帰郷の稲田だが、速攻力はやはり上位。全速戦から芝田との地元ワンツーといくか。野沢は内寄り巧みに差して好位へ。(4)カドの片岡をはじめスピードあるダッシュ勢も展開ひとつで連を争う。