ボート:ニュースボート

2018.9.28 04:48

【28日平和島6R】栗城がカドから思い切りよくまくる

 《叶えてこその“夢”舟券!》あと数日で10月に突入し、ボート界のマネーバトルはさらに激しくなりそうです。しかも、年末には平和島でクイーンズクライマックス、年明けには多摩川でバトルトーナメント、3月には戸田でクラシックとビッグレースが続々と控えています。一瞬も気が抜けない時期に入ってきただけに、体調管理には気をつけたいところです。

 それでは初日の予想にいきましょう。狙いたいのは6Rの栗城匠です。前節の住之江最終日にフライング。「スタートはちょっとビビっていますね」と多少は慎重になりそうですが、ここは絶好のカド戦です。早くなくても、ダッシュを乗せたスタートを決めて一気にまくり切るとみました。相手も小野生奈と池田明美に絞って、3連単は(4)(6)、(4)(5)から3着流し8点。

立山友基(たてやま・ともき) ボート担当

プロフィル

1976年宮崎県出身。某ゴルフクラブ会社の社員から専門紙記者を経てサンスポレース部へ。紙面に載せ切れなかったピット情報をここで放出します!