ボート:ニュースボート

2018.9.27 04:51

【プリムローズ】戸田の水面特徴

 《水面》スタンド側から1マークまでの幅が37メートルと狭く、ターンマークが大きく振られている独特のコースレイアウトで、“イン受難”のレース場として知られている。

 インの選手は旋回半径を大きく取れず、窮屈なターンを強いられる。過去1年間の1コースの1着率は43・9%。全国平均(53・8%)と比べるとその差は明らかだ。

 また、4コースの1着率は全国トップで、カドからの攻めが利く。ダッシュの乗った攻撃を繰り出す能力が高い選手がカドに引きそうな場合は要チェックだ。

 ただし、昨年4月に当地で行われたルーキーSではインの1着率が51・4%と、4コースの19・7%とともにアップしていた。スリットで主導権を握れるスタート力と、エンジンパワーが活躍するための重要なファクターであることが分かる。スタートが決まっている選手を中心に予想は組み立てたい。

     ●戸田・全国進入コース別入着状況●
【戸 田】
  1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
1着 43.9   16.5   14.3   16.8   6.5   2.5 
2着 17.7   23.3   20.0   17.7   14.2   7.6 
3着 11.1   17.1   18.8   17.9   19.0   16.5 
-------------------------------
【全 国】
  1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
1着 53.8   15.0   12.4   11.2   6.0   2.0 
2着 17.7   24.9   21.0   18.2   12.5   6.2 
3着 9.2   18.5   20.3   20.5   18.2   13.7 
※2017年10月~18年9月