ボート:ニュースボート

2018.9.26 04:52

【26日尼崎12R】本紙の見解

 予選トップ3が準優を順当に勝ち上がり、絶好枠を手に入れた下出が尼崎初Vへ王手をかけた。今節はチルトをマイナス05、0、1と使い分けてオール3連対でファイナルへ進出。うまく凡機を仕上げ、一度として取りこぼすことはなかった。ラストもしっかりとインから快攻を決めそう。

 安達もF休み明けを感じさせない速攻力を見せつけている。ここ一番で仕掛け遅れることは考えにくく、(2)コースから外勢をブロックしてシャープに差す。

 今年2月戦(優勝戦で(3)コースから落水失格)の雪辱を期す平田は俊敏なまくり差しで下出のふところに飛び込み、GIV4の底力を発揮するか。地元から唯一ベスト6入りした橋本も足負けはせず、A1級5人を相手に見せ場を作る。都築、滝沢はコース取りで揺さぶりをかけるかも。