ボート:ニュースボート

2018.9.23 04:54

【23日浜名湖11R】大山千広が果敢な全速戦を披露する

《激走ターンマーク》

=準優勝戦11Rに出走

 今大会は7人の女子選手が出場して、そのうち5人が準優に進出。過去4回で最多だった2014年の戸田大会での2人(平山智加、遠藤エミ)を大幅に更新した。

 GI初出場で最年少の22歳、大山は初日に初勝利を飾り勢いをつけると、2日目前半も制して連勝。4日目も4、2着とまとめて得点率8位で予選を見事に突破してみせた。

 特に後半12Rはフライングの選手が出たとはいえ、道中で的確な立ち回りを披露。「前半(8R)よりも回転を上げて、出アシがしっかりしてきた」とアシの仕上がりも順調だ。

 22日現在の女子賞金ランクは第21位。10月31日までに20位以内を維持できれば、11月に地元の芦屋で行われるレディースチャレンジカップに出場できる。加えて来期適用勝率(来年1月~)も6点オーバーで、初のA1級昇格も十分に狙える。

 「レディースCCもA1級もかかっているので、しっかりと稼いでおきたい。優出できたらいいな…」

 3号艇で挑む準優も「攻めていきたいです」と気合は十分。成長著しい福岡女子の“期待の星”がGI初優出を目指して果敢な全速戦を披露する。(立山友基)