ボート:ニュースボート

2018.9.19 04:54

【19日浜名湖6、11R】中村桃がリズムアップに全力

 《激走ターンマーク》今節は4組の“きょうだい”が出場。初日11Rでは中村、上條、松尾の3組によるバトルが組まれた。

 1号艇は中村桃佳。5号艇となった兄の晃朋は「何で妹が1号艇なんですかね」と苦笑いを浮かべ、妹は「ビックリしました。兄が前ヅケに来ないことを祈りますよ」とニヤリ。2月の四国地区選手権(丸亀)以来となる兄妹そろってのGI出場で、今回が初対決。互いに意識する部分はあるようだ。

 中村桃は昨年5月の福岡オールスターでSG初出場を果たし、今年3月のびわこレディースオールスターでGII初V。女子の人気レーサーとして注目を集めている。

 しかし、近況は8月の桐生レディースチャンピオンで予選落ち。その後の尼崎と若松も優出に手が届いていない。

 「夏場は調整が難しくて…。アシが仕上がらないので、納得するレースができていないです」

 それでも、8月中旬に小野達哉が優出4着と活躍した上昇機『65号』を引き、「いいですよ。スリットから出ていく感じがあった」と機力には好感触を得ている。

 絶好枠で臨む11Rは「とにかく逃げたいです」。最近の悪い流れを変えるためにも、“きょうだい対決”を制してシリーズの主導権を奪う。

(立山友基)