ボート:ニュースボート

2018.9.19 04:41

【19日江戸川10R】新ペラを仕上げる富樫麗加に期待

 《寿舟券》『GIIIオールレディース 江戸川女王決定戦 KIRIN CUP』(6日間の準優2レース制)は予選2日目を迎える。

 初日メインの選抜は、絶好枠の遠藤エミが貫禄の逃げで人気に応えた。深川麻奈美、滝川真由子、高田綾、喜多那由夏が2連対発進と好スタートを切った。

 2日目は地元の富樫麗加に期待する。新ペラに換わった初日は4、5着と苦しい滑り出しになった。

 「いいところは何もなかった。乗れなかったし、伸びは石井選手に分が悪かった」とパワー面に不安は残るものの、2日目の前夜版で10Rの1回乗りを確認すると「(時間があって)良かったです。新ペラを仕上げます」と明るい表情になった。

 10Rは3枠。もちろん機力の上積みが前提となるが、2コースの遠藤が強引にまくる展開になれば、差しハンドルで台頭は可能。あるいは自力のツケマイで高配当を演出する。

渡辺寿輔(わたなべ・としすけ) 競輪担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。東京都出身、B型。ボート、オート記者を経て、サンスポでは競輪担当へ。休日は中央、南関競馬へ足を運ぶオールラウンダーだが、レース部内ではただのギャンブル依存症と見られている。