ボート:ニュースボート

2018.9.17 04:57

【17日びわこ12R】本紙の見解

守田俊介

守田俊介【拡大】

 地元エースが最後も主役を演じきる。オール3連対で予選トップ通過を果たした守田は準優12Rを快勝。節イチパワーを誇る杉山が(2)コースからスリット後に伸び返してきたが、慌てずに押し切った。出足、行き足が強力で「自信を持っていける」と仕上がりに胸を張る。4号艇だった昨年の65周年は準Vだったが、絶好枠の今年はVを意識するのは当然だ。勝てば今年の賞金ランクは33位付近まで浮上するだけに、年末を見据えて気合が入るところ。本領の快スタートからの速攻で61周年以来となる3回目の地元GI制覇を飾る。

 杉山は準優で姿を消したものの、出足が強力な太田の(2)コース差しや、強パワーでGI初優出を決めた岡村慶のセンター豪快弾も軽視禁物。さらに(4)カドにできる興津も4日目までの出足が復活すれば侮れない。