ボート:ニュースボート

2018.9.17 04:56

【17日びわこ12R】“充実の秋”を迎えた興津藍

興津藍

興津藍【拡大】

 “充実の秋”を迎え、今度こそ3回目のGIVを飾ってみせる。興津は準優10Rで(2)コースから差して2着。イン先マイした岡村慶は捕まえ切れなかったものの、しっかりと次位をキープして、7月の平和島周年(〔4〕着)、直前の多摩川周年(〔6〕着)に続き3節連続でのGI優出に成功した。

 「エンジンの引きがいいからですよ」。好調の要因に挙げる抽選運は今節も健在だった。メーカー65号機を手に予選を4位で通過。上位級の仕上がりをみせていたが、準優は「ギアを詰めたのが悪かったのか、ちょっとイケてなかった。試運転から岡村選手の方が少しずつよさそうだったし、ターンも落とさないと回れなかった」と“調整ミス”を認めた。「もう1回新品リングを入れるかもしれないし、ギアもやり直す」。最高の結果を求めて最後までエンジンと格闘する。

 GIは四国地区選を2回制している(201年鳴門、14年まるがめ)が、まだ周年記念は勝っていない。優勝戦は4号艇。(4)カドから気合の攻めで準優1着突破トリオを撃破して、びわこGIの歴史に名を刻む。