ボート:ニュースボート

2018.9.16 04:54

【16日びわこ11R】長田頼宗、ファイナル進出を決める

 上昇気流に乗った。序盤2走は56着と苦しい滑り出しだった長田が、2日目後半から2113着と大きく盛り返して、予選ラウンドを8位でクリアした。

 「今(昨9R)は展開的に3等なら上等。白井さんにさばかれるかとヒヤヒヤしましたけど、エンジンの後押しがありましたね」

 前半1Rを(3)コースからまくり差して3日目から連勝。続く9Rは(5)コースからブイ際をシャープに突くと、その後も白井らの猛追を振り切った。

 エース格の31号機を引き、前検からそのパワーを実感していたが、「最初はトルク感を求めた」調整が失敗。そこから「回す方向に」転換して一気に“失点”を挽回。「回り足がスムーズですね」と実戦向きの仕上がりに笑顔を見せる。

 1月に平和島63周年、5月にびわこMB大賞とGIとGIIを優勝して現在の賞金ランクは15位。「先を考えたらこれでは足りない」と初のグランプリ出場へ、貪欲に賞金加算を目指している。準優11Rは3枠。今年何度も見せた勝負強さでファイナル進出を決める。