ボート:ニュースボート

2018.7.13 04:47

【13日浜名湖3R】初日“裏予想”

《これからボートの話をしよう。》

 『サンケイスポーツ杯・地区対抗第3戦! 東海vs近畿』初日(4日間開催、得点率制)

 新幹線で浜松駅に近づくにつれ車窓を打ちつける雨粒が目に見えて大きくなった前検日。ホームのわずかな屋根の隙間を通っただけでびしょ濡れになるスコールのような激しい雨に見舞われたが、浜松から新居町に移動すると、今度は真夏の日差しが降り注いできた。水面では無事にスタート練習が始まったが、遠くにいたはずの雨雲がいつの間にか浜名湖ボートレース場の上空を埋め尽くし、最終8班の特訓が始まる頃にはものすごい雷雨に。視界を確保するのが難しいくらいの雨のなか、前検業務を遂行した選手たちには頭が下がるばかりだ。

         ◇

 初日の“裏予想”は3Rの横川光弥。『62号』でパワーは引けをとらず、ここはカド野中が攻めれば展開もある。待望の水神祭があってもおかしくない。3連単は(5)=(4)-全。

◆浜名湖エンジン2連対率ランク◆
 順  選手名   機番 2連対率
(1)桐本 康臣 24号 54.8
(2)窪田 好弘 63号 50.0
(3)鈴木 貴司 16号 47.8
(4)横川 光弥 62号 47.3
(5)中嶋 達也  1号 46.2
(6)高倉 孝太 59号 45.7
(7)森  仁志 44号 43.5
(8)沢田 尚也 38号 41.5
(9)勝野 竜司 48号 40.2
(9)池田 雄一 41号 40.2

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。