ボート:ニュースボート

2018.3.14 04:55

【14日平和島6R】動き良くなった田中がイン先制

 《叶えてこその“夢”舟券!》4日目10Rで狙った佐藤大佑は、果敢にまくったものの、4着に敗れてハズれ。動きは悪くないのですが、「気温が上がってきてから機力差が出てきた感じ」と上位級のエンジンとのアシの違いを感じている様子です。それでも攻める姿勢を貫いているだけに、5号艇で挑む準優11Rも注意が必要ですよ。

 5日目は準優前の資金稼ぎで6Rの田中太一郎でいきます。3、2着の4日目は「一番良かった。体感を重視して調整して、乗りやすさがあった」と狙い通りの調整ができたようです。ここはインからしっかりと押し切って準優10Rに弾みをつけるとみました。3連単は(1)(5)、(1)(2)、(1)(4)から3着流し12点。

立山友基(たてやま・ともき) ボート担当

プロフィル

1976年宮崎県出身。某ゴルフクラブ会社の社員から専門紙記者を経てサンスポレース部へ。紙面に載せ切れなかったピット情報をここで放出します!