ボート:ニュースボート

2017.9.14 03:53

【14日若松4、11R】大橋栄里佳、初戦の雪辱へ

 《グッジョブ》あと一歩のところで金星は逃したが、初戦から見せ場十分の走りをみせた。大橋栄は初日7R、(6)コースからコンマ08のトップスタートを決めて飛び出すと、1マークは豪快に外マイ。ピット離れでインを奪った新田も「ゆっくりと回ろうとしたらブンってこられた」と脱帽の攻めだった。

 「前検は行き足が悪かったけど、ペラ、ギアを調整して、そこは直ってました。ただ、乗り心地が悪いし、ターン回りももうひとつ。ペラを調整します」

 1周2マークで松本に差されて2着。景気のいいコメントこそ出なかったが、昨年のクイーンズクライマックス覇者が相手なら仕方ないか。走り自体は2日目以降も楽しみが持てる内容だったと言っていい。

 2日目注目の出番は4、11R。2、4号艇ならさらなるポイント奪取、そして初戦でつかみ損ねた白星奪取も十分だろう。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!