ボート:ニュースボート

2017.9.13 11:44

【ヤングダービー討論会】瀬戸「地元愛知の佐藤推す」

ヤングダービーでの健闘を誓い合う!? (右から)瀬戸デスク、藤村、永島の3人

ヤングダービーでの健闘を誓い合う!? (右から)瀬戸デスク、藤村、永島の3人【拡大】

 誰が一番すごいんや!! 19日に蒲郡ボートで開幕する若手レーサー最大の祭典「プレミアムGI第4回ヤングダービー」を前に、芸能界屈指のボート通・永島知洋とサンケイスポーツ・レース部デスクの瀬戸聡が、注目選手を挙げて大激論。一流ボレ女(ボートレース女子)を目指すモデル・藤村椿も加わって三つどもえ!? バトルとなった。

 瀬戸 ヤングダービーは4回目の開催です。今年も誰がスターへの“チケット”を手にするか、注目の6日間がはじまります。

 永島 第1回大会を制した桐生(順平)選手は今やSGウイナーですからね。それから、おっさん2人では紙面がもたないというサンスポさんの要望に応えて、今回は“相方”を連れてきました(笑い)。

 藤村 いま、永島さんの元でボートレースを勉強しています。今回も第1回からのVTRを見て“予習”はバッチリなので、よろしくお願いします。

 永島 見たのは3大会分だけやろ? ホンマ、頼むで。恥かかせんといてな。

 瀬戸 さっそくですが、まずは優勝候補を挙げていきましょうか。

 永島 この世代は九州でしょう。それも福岡のレベルがかなり高いです。優勝候補の筆頭はやっぱり(篠崎)仁志選手ですね。SG、GIを走ってきている経験は大きな武器ですし、スピードもテクニックも一枚上じゃないですか。

 瀬戸 昨年はグランプリにも出場しましたし、確かに今年のメンバーなら実績は頭ひとつ抜けています。

 藤村 永島さん、それって当たり前すぎませんか。

 永島 ボートレースをはじめて2年くらいの奴に言われたないわ。

 藤村 私は大阪の3選手に期待します。みなさんとはテレビ番組で共演させてもらったことがあるんです。木下選手はにこやかなお兄さん的存在で頼りがいがあって、山崎選手はどちらかといえば寡黙なんですが一本、芯が通っている感じでした。上條選手とは誕生日が1日違いですし、それに唯一、独身なんです♪

 永島 そこか~い。

 藤村 今年は蒲郡が舞台ですし、同じナイター場の住之江がホームの大阪の3選手がやってくれると思っています。

 瀬戸 取材する機会が多い大阪の3人には優勝してもらいたい気持ちはあるけど、あえて地元愛知の佐藤君を推させてもらいます。

 永島 スタートもいきますし、思い切りのいいレースをしますよね。

 瀬戸 レースはもちろん、気持ちの面が魅力的なんですよ。まだ自動車の整備工だったときに3つ子が生まれて、それでレーサーを目指したんです。その3つ子ちゃんが今年から小学生になって、さらに今年は女の子が誕生して稼がないといけないそうです。有言実行で、今期からA1にも上がりましたからね。

 藤村 やっぱり家族の存在って大きいですよね。

 永島 子供もおらんし、結婚もしてないからよく分からんけど…。まあ、勝負事はモチベーションが大事っていうしな。

 瀬戸 次はお勧めの注目選手を挙げていきましょうか。

 永島 福岡は羽野選手や仲谷選手とか(登録番号)4800番台の選手も頭角を現していますけど、古沢選手ですね。派手さはないんですけど、とにかく差しがうまくて取りこぼさないタイプ。よく買っている舟券に絡んでくれるんです。

 藤村 永島さんはよく負けてますから、舟券に絡んでくれた選手は応援し続けないといけませんもんね。

 永島 こっちは生活がかかってんねん。で、ツバキチのお勧め選手は?

 藤村 (選手名鑑を見ながら)海野選手です。かっこいいじゃないですか。

 永島 やっぱり、そこか~い。

 藤村 顔も重要ですけど、登録番号が一番上ということは選手としての経験が最も長いということですよね。年齢的にこの大会で出られるのが最後なので、狙ってるんじゃないですか。

 瀬戸 体重が重い選手なので、ずっと親近感をもってみていました。今回もエンジンが出るかどうかだけですが、出れば一気に突っ走る実力はあります。

 永島 四国もいい選手がそろってますね。特に徳島の2人はおもしろいですよ。山田祐選手は先月のメモリアル(若松)でSGデビューしました。最近は記念に呼ばれることが増えて、同じ四国の田村(隆信)さんや森高(一真)さんに“かわいがって”もらって、力をつけてきています。森高さんの“かわいがり”によって片岡(雅裕)選手もGIを勝ちました(笑い)。ここで山田選手が勝てば、また四国銀河系の評価が上がりますからね(笑い)。

 瀬戸 島村君もレースは豪快ですよね。彼の初優勝が住之江でのサンスポ杯(2015年8月のルーキーシリーズ)だったんです。優勝戦は逃げでしたが、準優はまさかの“(2)カド”からのまくりでした。最近はF続きで出世レースでは後輩の山田選手に先を越されましたが、大一番での一発の魅力はあります。

 藤村 女子選手もたくさん出場されますね。

 永島 そこもやっぱり小野選手と遠藤選手でしょう。仁志選手と同じでSGで強豪と走ってきた経験が違います。特に今年の小野選手は勢いがあります。レディースチャンピオンでGIウイナーの仲間入りを果たして、SGでも予選突破しましたからね。

 瀬戸 近畿の記者としては遠藤選手といいたいところですが、一発なら今井選手かな。昨年の平和島3Daysで並み居るSGウイナーたちを撃破して優勝したように、大舞台での勝負強さは若手女子No.1といってもいいくらいです。

 藤村 女子ボートレーサーって、本当にかわいらしい選手が多いですね。

 永島 トークショーや選手紹介式のMCをさせてもらうとホンマにファンの方がたくさん来てくださるもんな。今年は一人でもいいから優勝戦に乗ってくれるように応援します。

■若手でも1コース強い傾向

 ●…若手レーサーの攻撃的なレースというイメージのあるヤングダービーだが、昨年とこなめ大会の(1)コースの1着率は64・3%。これは同場の14年12月の低出力エンジン導入後の成績と比べると、格段に高い。逆に(6)コースの1着は1回。4日目8Rで平高奈菜(4号艇)が差しを決めているだけだ。

 ●…(1)コースが強い傾向は第1回(戸田)、第2回(尼崎)も同様。低出力エンジン導入後だった尼崎大会の3連率は85・9%だった。

 ●…とこなめ大会の3連単最低配当は5日目3Rの〔1〕〔2〕〔4〕600円、〔1〕〔4〕〔2〕730円(2着同着)。一方、最高配当は4日目8Rの〔4〕〔5〕〔2〕6万6220円。万舟券は計15本だった。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

関連

  • 佐藤博亮選手
  • 古沢光紀選手
  • 海野康志郎選手
  • 山田祐也選手
  • 島村隆幸選手
  • 小野生奈選手