【13日とこなめ12R】本紙の見解

2017.9.13 04:58

 初日23着と手堅くまとめた桐生が絶好枠から必勝を期す。特別目立つような脚勢ではないが、スピード自慢の記念に入ってもやはり旋回力は際立っている。伸びる辻を“壁役”に先マイから力強く逃げ切る。

 焦点の次位争いはその辻が最有力。昨後半11Rで鮮やかなまくり差しを決めたように機力は申し分ない。外を止めながら機敏に差して好位進出へ。現状でも悪くない原田は再調整でさらなる上積みを期す。元地元だけに(4)カドからのスリット攻勢はいつも以上に要警戒だ。実戦足充実の新田は大外でも2着なら脈あり。

閉じる