ボート:ニュースボート

2017.4.21 05:00

【水上の女神~レーサーの素顔(129)】喜井つかさ

喜井つかさ

喜井つかさ【拡大】

 昨年11月の江戸川オールレディース。オール3連対でファイナルの1号艇を獲得した喜井は、3度目の優勝に王手をかけながらも、コンマ02のフライング。「調子が良くなってきた途中だったので、あのフライングで心がだいぶ折れました」と振り返る。

 「A1級昇格や、レディースチャレンジカップの出場がかかっていたので余計にショックでした」

 果敢に攻めた結果とはいえ、その代償は大きかった。30日間のフライング休みが明けた今年1月から半年間は女子戦から選出除外となり、現在は混合戦での戦いが続いている。

 「全然勝てないです。スピードとかも違うので。今期の最初は勝率6点以上あったのに、今は5点台(5・70)ですからね」

 実力、実績で上回る男子選手が相手で、さすがに苦戦している。それでも「勉強することは多いですからね。もまれてどれだけ強くなれるか。壁を乗り越えることができたら、今後に生きてくるはず」と前向きにとらえている。

 今月上旬には101期の夏山亮平(30)と、同期(103期)の坂咲友理(27)の結婚式に出席するため沖縄へ。「集まった同期と楽しい時間が過ごせたし、パワースポットの『浜比嘉島』にも行ってきました」とリフレッシュできた様子だ。

 気持ちを切り替えて今後の戦いに挑む喜井の走りに注目だ。(立山友基)

 喜井 つかさ(きい・つかさ)1990(平成2)年1月14日生まれ、27歳。岡山県出身。2008年9月に第103期生として選手登録。好きな食べ物はすし、焼き肉、つけ麺。23日からの下関一般戦に出場予定。1メートル60、46キロ、血液型B。

★地方競馬を徹底フォロー!全レースパドック診断&PDF馬柱を無料大公開
★「ZBAT!競馬オープン」記念! 5・26大手町ダービー予想ナイト開催