ボート:ニュースボート

2017.3.21 04:55

【21日尼崎】予選概況

 3日目を終了して得点率トップには北川、麻生の広島両者が並ぶ。ともに相対的には好レベルの足気配で“準優当確”とした。

 3位タイの白神は昨11Rの不良航法で減点7となったが、着順通り(1212着)の好気配。同じく木田も快パワーをキープする。主力では地元の吉川が昨6R、転覆失格に加えて不良航法で減点12。後半10Rを勝って予選落ちのピンチはしのいだが、得点率は18位タイと地元3連続Vに黄ランプ。きょう7、12Rで13点が必要となった。ほか、佐藤(18位タイ)、今村(23位タイ)も勝負だ。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!