ボート:ニュースボート

2017.3.20 09:58

【20日戸田12R】優勝戦“裏予想”

《これからボートの話をしよう。》

 『日本財団会長賞』最終日(5日間開催、準優勝戦2レース制)

 準優12Rでもしっかり逃げて6連勝を飾り、自身初となる完全Vに王手をかけた中田竜太。ただ仕上がりに関しては「そういうアシではないと思う。伸びはパッとしないし、このメンバーに入ってもどうかな。中堅上位くらいはあると思うんですけどね」と今イチ強気にはなれない様子だった。

 「1周1マークは(水面も)ベタッとしていて乗りやすいけど、1等を走っていても回転が上がっていない感じ。このままでは行きたくないですね」と中田。それでも完全Vへの意気込みを聞かれると、「完全じゃなくてもここまで来たら逃げないとダメ。優勝できるように最善を尽くしたい。本当はのんびりしたいけど、あまりのんびりしないように頑張ります。やるだけのことはやって、ダメなら納得できるようにして行きたい。他のことはあまり考えず、落ち着いてレースをしたいですね」と話していた。

         ◇

 そんな中田には非常に申し訳ない12R・優勝戦の“裏予想”を。

 狙いは6号艇の小畑実成。「だいぶ仕上がりはよくなりつつあります。まとまっていますね、本当に」と仕上がりは上々だ。「このエンジンになって戸田に3回来ているけど、これまでは悪いエンジンばっかり引いていた。今回はしっかり艇団の中に入って行ける感じがする。6コースでもそこまで苦にならないけど、あまりにみんながゆっくり行くようなら僕もうかがいに行って、3コース、4コースというのもありかな」。ということで12Rの3連単は小畑と中田との絡みで、(1)(2)(6)、(1)(3)(6)、(1)(4)(6)のボックス。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。