ボート:ニュースボート

2017.3.17 04:40

【水上の女神~レーサーの素顔(127)】向井田真紀

地元で開催されたレディースオールスターに出場した向井田真紀。惜しくも舟券には絡めなかったが、弟たちに刺激を受けさらなる飛躍を期す

地元で開催されたレディースオールスターに出場した向井田真紀。惜しくも舟券には絡めなかったが、弟たちに刺激を受けさらなる飛躍を期す【拡大】

 今年度から新設されたGIIレディースオールスター。地元の宮島で記念すべき第1回大会に出場した向井田は「うれしいですね。感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを表現しながらも、「いいレースができなくて悔しかった」と歯がゆい思いもあった。

 「ペラ調整とか、いろいろ勉強にはなったけど、結局アシを仕上げられなかったし、スタートも決められない。地元のアドバンテージを生かせなかったです」

 強気なスタートが持ち味で、今年1月からはB1級に初昇格。ファン投票では1445票を獲得したものの、舟券に貢献することができず、存在感をアピールできなかった。

 それでも、地元ファンの声援は力になったようで「いつも応援してもらっているし、ありがたかったです」と笑顔を見せた。

 向井田には2人の弟がいて、いずれもボートレーサーだ。次男の直弥(26)が最初に第109期でデビューを飾り、その姿を見た向井田は保育士からこの仕事に転身。長男の佑紀(27)も第114期で選手になった。

 「3人ともボートレーサーなのはいろいろな面で分かり合えるからいいですよ。操縦のことやペラ調整とかを相談できるし、刺激にもなりますね」

 心強い味方であり、水の上ではライバル。お互いに技術を高めあって、さらなる成長を目指す。

(立山友基)

 向井田 真紀(むかいだ・まき)1987(昭和62)年10月8日生まれ、29歳。広島県出身。2013年9月に第113期生として選手登録。趣味は野球観戦。好きな食べ物はトマト、カレーライス、お好み焼き。21日からの鳴門ヴィーナスシリーズに出場予定。1メートル57、51キロ、血液型A。