ボート:ニュースボート

2017.2.11 05:06

【関東地区選手権】中田竜太、師匠とクラシック出る!(1/2ページ)

★埼玉支部注目選手(1)中田竜太

 SGで活躍を続ける桐生順平を中心に、ベテランから若手まで層が厚い埼玉支部。その中で中田はしっかりと経験値をアップさせている。

 昨年12月の唐津63周年記念で優出2着。今年は1月の戸田60周年記念で優出4着とGI初Vまであと一歩のところまできている。

 「戸田はバチッと調整を合わせられなかったけど、それで結果を出せたのは自信になった。しっかりと調整が合えば次は優勝が狙えるということですからね」

 切れ味鋭い全速ターンがトップレーサーが相手でも通用するのは証明済み。その鋭さを増すような調整ができるかどうかが今後の課題になるようだ。

 昨年は年末の唐津こそ好成績を残せたものの、年間を通じては思うような走りができず、「不完全燃焼の一年。このままではダメだなと思った」と振り返る。

 「師匠の須藤(博倫)さんとも一緒にSGに行きたいですねと話しているんです。だから今年は少しでも多くSGに出場したい。3月のクラシック(児島)の権利は持っていないので地区選はラストチャンス。優勝して出場権を獲りたい」

 狙い通りにGI初Vが達成できれば、その後の活躍の場は一気に広がる。中田にとってこのシリーズは重要な戦いになる。

 「一走一走を大事に走っていきたいですね」

 関東地区ナンバーワンの座、そしてSG出場という目標に向かい、地道に、確実に進んでいく構えだ。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  関東本紙予想、中山開催で専門紙収支ランキングぶっちぎり1位!

【続きを読む】