ボート:ニュースボート

2015.12.23 16:48

【グランプリ】山崎智也が2度目のGP制覇!

グランプリを制した山崎智也(中央)。左は2着の毒島誠。右は3着の石野貴之

グランプリを制した山崎智也(中央)。左は2着の毒島誠。右は3着の石野貴之【拡大】

 ボートレース住之江で開催された「SG第30回グランプリ(賞金王決定戦)」は23日、第12Rで優勝戦が行われ、1コースからスタートした1号艇の山崎智也(41)=71期、群馬支部=が逃げて1着。優勝賞金1億円を手にした。山崎は2度目の同レース制覇。SGは10勝目。

 華麗に黄金ヘルを奪取した。グランプリ優勝戦は1号艇の山崎が逃げ切って、2012年以来2回目のGP制覇を成し遂げた。

 「賞金トップで来て、1号艇で逃げることができた。最高ですね。3年前は選手を辞めてもいいと思ったけど、今回は生意気にもまあまあ慣れてきました」

 完璧な1年だった。大村オールスター、宮島グラチャンとSG連覇するなど賞金ランクを独走。GPでもトライアル2nd初戦を白星で飾るなど終始、主導権を握り続けての王道V。史上5人目のSG年間3冠の快挙で締めくくった。さらに獲得賞金2億2933万円で自身初の2億円超えを果たし、ぶっちぎりで2度目の賞金王となった。

 3年前は引退する奏恵夫人(旧姓・横西)に黄金ヘルをプレゼント、ピットで抱擁し感動を呼んだ。そして今回は、新たに加わった勝利の女神が力をくれた。今月9日に次女・寧々(ねね)ちゃんが誕生。「子どもを産んでくれた感動を、カミさんに返せたと思う。早く帰って子どもをあやしたいですね」。パパの顔をのぞかせるとともに「カミさんにも『イベント事は強いから大丈夫』って来る前に言われた」と千両役者ぶりを見せつけた。

 SG通算V10。彦坂郁雄、植木通彦(ともに引退)のレジェンドと並ぶ3位となり、「まあまあ、すごい選手ですね」と思わず自画自賛だ。

 来年は追われる立場になるが「1回目を獲った後は少しダラけたけど、子どもも生まれたし、そうならないようにしっかりと走りたい」。黄金ヘル防衛なら、松井繁、田中信一郎と並ぶGP最多V3となる。

関連

  • グランプリを制し、ガッツポーズを決める山崎智也