ボート:ニュースボート

2015.5.18 04:36

【ニューヒーロー列伝】伏島祐介

伏島祐介

伏島祐介【拡大】

 山梨学院大時代に箱根駅伝を走ったという華々しい経歴で注目される伏島は、やまと学校では卒業記念競走で優出2着となるなど素質の片鱗を見せ、昨年5月に多摩川でデビューした。

 その節に2、3着で舟券絡みを果たし順調な滑り出しかと思われたが、今年3月に津で初勝利を挙げるまで10カ月を要した。

 「デビューから1年を「軌道を修正できないまま時が過ぎてしまった」と振り返る。

 5月の平和島ゴールデンウイーク開催『京急電鉄社長杯』では、初戦でデビュー2勝目をマークした。

 「最近はようやく修正できてきたかな」と伏島。

 「ミスが減ってきたし、1マークで周りが見えるようになってきた部分は自分でも手応えを感じている。最初のうちはビュンビュン外を握るだけで、吹っ飛んでいましたからね。その辺の判断はできるようになってきたと思う」と手応えをつかんでいる。

 デビュー3期目となる今期の目標を聞くと「何が何でもB1級昇格ですね」ときっぱり。

 「うまくなるためにはB1級に上がってレースの数をこなさないと。まずはみんなと同じ条件で経験を重ねたい」。アスリートの魂はメラメラと燃えている。

 伏島 祐介(ふせじま・ゆうすけ)1990(平成2)年7月2日生まれ、24歳。栃木県出身。2014年3月に第114期生として選手登録。29日からの桐生ルーキーシリーズ第3戦に出場予定。1メートル71、52キロ、血液型A。

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。