ボート:ニュースボート

2014.12.26 04:45

【水上の女神~レーサーの素顔(39)】勝又桜

今年5月にプロデビューを果たした勝又桜。初白星にはまだ届いてないが「レースに参加できたときはうれしい」と手応えを感じつつある

今年5月にプロデビューを果たした勝又桜。初白星にはまだ届いてないが「レースに参加できたときはうれしい」と手応えを感じつつある【拡大】

 かわいらしい笑顔がはじける19歳。小さい頃から「スポーツが好き」と体を動かすことが好きだった勝又は、中学時代に新体操に打ち込んだ。

 そして高校では「柔軟性を生かせるかもしれない」と思いチアリーディングを始める。しかも、自ら静岡県内の強豪校である加藤学園高等学校への進学を選んだ。

 「部活はほとんど休みなしでしたが、充実していました」と笑みがこぼれる。実際に2011年の全国大会(USA Spirit Nationals in Japan)では2位に入賞と好成績を挙げた。

 そんな勝又は「女性も活躍できて、努力次第で上にいくことができるから」という理由でこの職業を選び、今年5月の浜名湖でプロデビューを果たした。

 約7カ月が経過したが、「水の上も陸の上も動きが難しいです」と苦笑い。レースだけではなく、新人ならではの雑用や先輩の手伝いなど仕事が多く、慣れるまでには時間が必要だ。

 それでも「実力的にはまだまだですけど、レースに参加できたときは楽しい」と少しずつ手応えを感じている。

 「休日は長めの時間があれば沼津の実家に帰るけど、今はほとんどが(浜名湖で)練習ですね」と地力アップに時間を費やしている。レーサーとして最初の目標である“初1着”を目指して努力は続く。

(立山友基)

 ◆勝又 桜(かつまた・さくら) 1995(平成7)年3月17日生まれ、19歳。静岡県出身。2014年3月に第114期生として選手登録。好きな食べ物は干し芋、ヨーグルト。趣味はドライブ、キャンプ。特技はダンス。江戸川・一般戦に出走中。1メートル53、47キロ、血液型A。

関連

  • 勝又桜
  • 勝又桜
  • 勝又桜