ボート:ニュースボート

2014.9.29 04:59

【ヤングダービー】3艇F…肩落とす峰竜太

 優勝戦1号艇の峰竜太(佐賀)を含め、渡辺雄一郎(大阪)、土屋智則(群馬)の3選手がフライング。渡辺雄は1本目、峰と土屋は2本目のフライングで、発売額の約97%となる5億9663万100円が返還となった。返還額は史上34位(1位は02年宮島の第12回GC決定戦の24億3513万3800円)。

 ピットに戻ってきた峰は「言葉に言い表すことができない。コメントできない」と肩を落とした。賞金ランク17位の峰は来月のダービー(常滑)の終了後に90日間のフライング休みとなり、11月のチャレンジカップ(下関)は不出場。12月のグランプリ(平和島)はチャレンジカップ終了時に賞金ランク18位以内なら出場可能となる。

 なお、GI優勝戦でのフライングのため、この3選手はフライング休み明けから6カ月間はGI、GIIに出場できない。