ボート:ニュースボート

2014.8.8 04:34

【水上の女神~レーサーの素顔(19)】喜多須杏奈

喜多須杏奈

喜多須杏奈【拡大】

 7月の多摩川ヴィーナスシリーズの開会式では、古川舞、市村沙樹とともにアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のコスプレで登場。集まったファンから大歓声を浴びた喜多須は「(コスプレを)やりたかったのでうれしかったです」と笑顔を見せた。

 休日は「練習以外は基本的に家でアニメを見ています。コスプレも好き」というインドア派。これまでは「キャラを表に出していいのかどうか…」と迷いがあったが、同じ趣味の古川と市村の誘いもあって、キュートなコスプレ姿を披露することができた。

 仕事面では今年に入って変化があった。「佐々木(和伸)さんに師匠になってもらったんです」。ボートレースは個人が技術を競うスポーツだが、アシの仕上がりを左右するペラ調整は独学での習得は難しい。

 多摩川ヴィーナスシリーズでは「佐々木さんが(ペラ調整用の)ゲージを持たせてくれました」と心強い後押しもあり、久々の準優進出を果たした。

 ボートレーサーとしての今後の目標は「佐々木さんと一緒に(四国)地区選に出たいですね」と話す。まだ粗さは残るものの、スタート、1マークともに果敢な攻撃には定評がある。

 今後の成長が見込める23歳。未来の徳島支部の“女子エース”を目指し、師匠と二人三脚で地力アップに取り組む構えだ。

(立山 友基)

 ◆喜多須 杏奈(きたず・あんな)1990(平成2)年9月30日生まれ、23歳。徳島県出身。2012年3月に第110期生として選手登録。趣味はドライブ。好きな食べ物はスイーツ、生野菜。日頃から心がけているのは「常に向上心を持つ」こと。12日からの下関・一般戦に出場予定。1メートル56、48キロ、血液型A。

★豪華メンバー集結!有馬記念特集
 “枠順確定版”大型馬柱あります!

関連

  • 喜多須杏奈