【22日山陽9R】ゆうじ散歩

2021.11.22 04:57

 3日目6Rの準々決勝Bで、浜松の32期生・中村友和が最後方から果敢に追い上げ、同期の片野利沙の2着に食い込んでベスト32入りを果たした。

 「りーちゃん(片野利沙)が速かった。筒井(健太)さんにアドバイスをもらってキャブを調整したら、跳ねと滑りが軽減しました。フォークを一式交換して、初日のタイヤに戻したのもいいほうに出たと思います」とマシンが上向いてひと安心の様子。

 「止まりがいいので、向きを変えやすい。ただ、重さがあるのでグリップの開けにくさはある。セッティングをアレンジして、さらにエンジンを良くしたい。もうちょいですね」と手は緩めない。

 「4日目は雨の予報もあるんですよね? 外が利いてタイヤが食いつく湿走路は好きなんです。山陽は外が利くみたいだからいいと思います。雨でも晴れでも、セッティングをしっかり出して、タイヤの準備もしていきます」と天候に合わせて整備に着手する。

 「若獅子杯は前回大会も優出(6着)しているので、今回も優出したい。エンジンは上向いているので、もう少しスタートを何とかしないといけないですね」と意欲的だ。

 4日目は準決勝9Rに出走。スタートタイミングを修正し、昨年10月のこの大会以来となるGII優出を目指して奮闘する。

閉じる