オート:ニュースオート

2021.9.26 09:00

【26日飯塚12R】本紙の見解&選手コメント

青山周平

青山周平【拡大】

 《優勝戦》枠とスタートの切れを加味し、先手が見込める青山を本命に推す。

 準決勝12Rでは、速攻から伊藤の攻めをしのぎ切って1着。「ペースが上がらず苦しかった」と振り返るが、状態が良くないときでも勝ち切れるのが全国ランクNO・1のすごみだ。「3日目はすごく感じよく乗れた」とエンジンのベースは悪くないだけに、上積みも十分狙える。

 勝てば史上6人目となるSGグランドスラム達成。「権利ができたので頑張ります」。気合を入れ直した青山が10周回、気迫の逃げでライバルの攻めを封じ込む。

 仕上がり度で勝る永井の逆転は一考。地元SGで燃える荒尾と機力は侮れない伊藤へ流す。

〔1〕青山「Sが切れたけど跳ねた。セットを変えて足回りを対策する。SGグランドスラムの権利ができたので頑張ります」

〔2〕永井「クラッチを整備してSが切れた。車はリングを換えてパワーが出てくれた。タイヤもあるし、いい状態で臨める」

〔3〕荒尾「Sがいいし、感じよく乗れるけどタイムが出ない。原因と思う下回りの整備で部品を交換。やれることはやる」

〔4〕黒川「Sは抜群に切れた。エンジンもリングを交換して突っ込みやすいし、すごくいい。大きく走れるように練習する」

〔5〕伊藤「Sは針を見過ぎて遅れてしまった。調整してエンジンは車速が出ましたね。タイムも出たし、特に伸びがいい」

〔6〕中村雅「スピードに関しては物足りなさがあるけど、車は回り出してから回転が上がってくる感じ。Sとタイヤはいい」

〔7〕有吉「いいSが切れた。セットを変えて力強さは出たけど、トルク感が足りないし、滑る。セットを変えてタイヤを探す」

〔8〕佐藤貴「Sは浮いたので修正する。手前はもう少しだけど、直線はいい。足回りは大丈夫。いいところまではきている」