オート:ニュースオート

2020.4.29 04:27

【29日飯塚12R】優勝戦“裏予想”

《これからオートの話をしよう。》

 『SG第39回オールスターオートレース』最終日(5日間開催)

 優勝戦の紙面予想は、鈴木圭一郎にした。今節のスタートの切れを加味して、鈴木圭か青山周平か、どちらか枠が内に入ったほうを本命にしようと決めていたからだ。

 枠番選択では、前回覇者で大会優先順1位の荒尾聡が1枠、ファン投票1位で優先順2位の鈴木圭が2枠をチョイス。もしこれで圭一郎が荒尾をたたいて逃げ切りV、青山が追撃及ばず2着という結末になれば、ファン投票が勝負の行方を決めたような形になるが、果たして…。

       ◇

 優勝戦の“裏予想”は7枠の中村雅人。準決勝12Rは中村友和(反妨)と接触し重富大輔に競りかけられるなどタフなレースになったが、2着を死守して存在感を示した。

 機力は間違いなく上向いており、仮に圭一郎がすんなり逃げる展開にならず混戦になれば、持ち前のさばきを存分に生かせそうだ。3連単は(7)=(1)(2)(3)-(1)(2)(3)(5)(6)で勝負する。

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。