オート:ニュースオート

2020.1.14 04:55

伊勢崎『シルクカップ』池田政和が7年ぶりGI制覇

シルクCで7年ぶりのGI制覇を果たした池田政和

シルクCで7年ぶりのGI制覇を果たした池田政和【拡大】

 伊勢崎オートの『GI開場43周年記念シルクカップ』(優勝賞金300万円)は13日、第12Rで優勝戦が行われ、池田政和(46)=川口23期=が1周3角で先頭に立ち、押し切り1着。大会初、通算10度目のGI制覇を果たした=写真。2着には早川清太郎、3着には青山周平が入った。

 ◇

 鮮やかな復活Vを飾った。昨年の賞金王・青山が必勝の1枠からトップスタート。しかし、池田が1周3角、素早くインに切り込んで勝負を決めた。

 「(早川に)清太郎にまくられかかったけど、うまく潜り込めた。あそこしかなかった」と2013年2月の川口開設記念GP以来、約7年ぶりのGI制覇に笑顔を見せる。

 「準決勝のタイヤで、良かったよ。ただ、6周目に1回マシンが横を向きそうになった。あとは食いつくことを願っていた」

 4日目の準決勝9Rでは3秒341の今節一番時計で圧勝。10R発売中から苦手の雨が降り出し、優勝戦もレース直前に小雨がパラついたが、良走路で行われるなど、天候も味方につけた印象だ。

 地元川口の正月開催に続く連続Vと絶好調。「出来過ぎですね。今後もひとつ、ひとつのレースを一生懸命頑張るだけです」

 次走は飯塚GI開設記念レース(2月7日~)。SG8冠の池田が、2020年のグレード戦線を盛り上げていく。(渡辺寿輔)