オート:ニュースオート

2019.11.4 04:40

【4日飯塚12R】西島大和のオート有情

 まだボケてはいないつもりだが、齢を重ねるとともにたいがいのことは、びっくりもしゃっくりもしなくなってきた。感受性が鈍くなってきたのかもしれない。

 それがである。思わずのけぞるように驚いたのが先々週の天皇賞・秋。

 天下の穴男・水戸正晴記者が、断然の1番人気・アーモンドアイに◎を打ったのである。青天の霹靂(へきれき)とはまさにこのことか。

 40年以上も付き合いのある後輩ではあるが“穴ありき”で、しばしば高額馬券をヒットさせる予想のセンスには畏敬せざるをえない。

 その水戸記者をして◎をつけたアーモンドアイの底知れぬ強さにはかぶとを脱ぐしかない。

 「馬と一緒にするな」と鈴木圭一郎に叱られるもしれないが、今の圭一郎はアーモンドアイに匹敵するくらいずぬけて強いと思う。ここも口笛を吹きながらの大楽勝だろう。

 青山周平も絶好調で2連単で3倍あればオンの字で〔4〕→〔1〕の1点。

 【3連単】は永井大介と荒尾聡を3着に狙って〔4〕〔1〕〔2〕、〔4〕〔1〕〔3〕で、もつれての〔4〕〔2〕〔1〕、〔4〕〔3〕〔1〕の4点買い。

 先の全日本選抜で大きくもうけさせてくれた圭一郎への祝儀車券で“身の丈”以上に張らせてもらうつもりだ。(元中央競馬本紙予想担当)