オート:ニュースオート

2019.8.15 09:01

【15日伊勢崎12R】本紙の見解&選手コメント

鈴木圭一郎

鈴木圭一郎【拡大】

 《優勝戦》ともに4連勝で勝ち上がった鈴木圭と青山がV争いの中心となるが、本命は4日連続で一番時計を叩き出した鈴木圭だ。

 雨上がりの斑走路となった準決11Rを、3.366秒の好時計で圧勝。「久々に良くなった。音は完璧」とマシンは完調レベルに仕上がった。

 昨年大会では同様に4連勝で勝ち上がりながら、ファイナルでは攻め切れず悔しい3着。それでも「去年までのことは忘れて、初SGを取る気持ちでいく」とリセットして臨む構えだ。スタート一気の逃げも視野に、最年少グランドスラムの偉業を達成する。

 インから先行したい青山との〔2〕=〔1〕を本線に、機力上々の荒尾、初タイトル奪取に燃える早川で〔2〕〔4〕、〔2〕〔3〕。

 雨は荒尾vs鈴木圭の〔4〕=〔2〕が主力。

 【3連単】は〔2〕=〔1〕〔4〕、〔2〕=〔1〕〔3〕、〔2〕〔4〕=〔3〕。

 S想定(1)(2)(4)(3)(5)(6)(7)(8)

〔1〕青山「フレームを換えたが、ドドドは直らない。連勝と結果はこの上ないが、機は足りない。部品交換も含め考える」
〔2〕鈴木圭「フロントタイヤを失敗したが、試走タイムが出た。機はやることがないくらいの手応え。Sを切って逃げたい」
〔3〕早川「タイヤが食いついてくれた。機は全体的にフィーリングを上積みさせたい。タイヤはこのまま。スタートはいい」
〔4〕荒尾「立ち上がりの感じがいい。開けやすくて進んでいく。もう何もしない。雨も不安はない。スタートも切れている」
〔5〕永井「悪くはないけど、優勝するには何かをやらないと。晴れならタイヤはこのまま。Sは外のほうが気楽に切れる」
〔6〕中村雅「エンジンはいっぱい、いっぱい。ただ、最終レースのほうが合うかな。スタートはまあまあ。雨は乗れない」
〔7〕浦田「タイヤが滑った。湿気のせいか、思ったより軽くなっていた。キャブをやる。スタートは張り込んで行ったが…」
〔8〕若井「初日のセットに戻してバネをやったらレース足がきた。別格はいるけど、準決勝が一番いい。Sを頑張りたい」