オート:ニュースオート

2019.8.15 04:57

【15日伊勢崎12R】優勝戦“裏予想”

《これからオートの話をしよう。》

 『オッズパーク杯・SG第23回オートレースグランプリ』最終日(5日間開催)

 準決勝11Rを逃げて圧勝した鈴木圭一郎。連日鋭い出足から先手を奪って一番時計をマークし、「久々に良くなったので、明日が楽しみです。音も出ている」とエンジンは仕上がっている。「多少跳ねるけど、フロントは跳ねないの(タイヤ)があるので、それをつけていきます。スタートもエンジンが持っていってくれる。最近は事故ばっかりで皆さまに迷惑をかけているので、いいレースをして優勝したい」。昨年3着のリベンジを期し、最年少グランドスラムに挑む。

              ◇

 圭一郎は強いが、最後はやっぱり12R・優勝戦の“裏予想”を。昨年のファイナルや昨日の準決勝と同様に、青山が先手からペースを握って混戦になれば、浮上してくるのは中村雅人。レース巧者ぶりを存分に発揮し、V争いに加わってくる。3連単は(6)-(1)(2)(3)(4)-(1)(2)(3)(4)(5)。

高山直樹(たかやま・なおき) ボート、オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。静岡県出身。週刊Gallop編集部、放浪生活を経て03年よりボート、オート取材を担当。直感的な穴予想で時折(!)好配当をゲットしている。